ウィルスの人形
糖尿病で血糖値が高い人は扁桃炎のリスクも高くなる?
OKサインをしている看護師

扁桃炎を引き起こすアデノウイルス

ウィルスの人形

夏場に気を付けたい感染症の1つにアデノウイルス感染症があります。
アデノウイルスは風邪の原因となるウイルスで、呼吸器感染症・咽頭結膜熱(プール熱)・流行性角結膜炎・胃腸炎・出血性膀胱炎・髄膜炎など様々な症状を引き起こします。
風邪の原因となるウイルスにはRSウイルスやライノウイルス、エンテロウイルス等様々な種類がありますが、その中でもアデノウイルスは症状が比較的重いことが多く、多様な症状がみられるという特徴があります。

では、どうしてこのように症状が多岐にわたるのでしょうか。
実はアデノウイルスにはAからFまでの6つの亜型があり、血清型は51種類にものぼるからです。
それぞれの種類によって性質が異なるので、様々な症状が現れます。
1度罹患した型のウイルスは再度感染しませんが、他の型には感染することがあります。
そのため1度アデノウイルスに感染したからといって、安心できるわけではありません。
人によっては何度もアデノウイルス感染症になってしまうことがあります。

アデノウイルスの潜伏期間は5日から1週間程度で、口・鼻・喉といった粘膜からウイルスが侵入することで感染します。
アデノウイルスは非常に強い感染力を持っているので、学校などでは1人が感染するとあっという間に広まってしまうこともあります。
アデノウイルス全般に効果的な薬はないので、感染してしまった場合には対症療法しかありません。
高熱が持続することもあるので心配になってしまいますが、発熱することで体がウイルスに対抗しているので解熱剤などはあまり使用しない方が早く症状が治まります。
ただし、高熱によって眠れなかったり苦しいといった時には、解熱剤を使用することもあります。
水分をとるようにして、脱水症状にも気を付けなければなりません。

それから肺炎などの合併症を引き起こすこともあるので、症状が長引いたり悪化するような場合には医療機関を受診する必要があります。

アデノウイルス感染症の症状

アデノウイルスによる呼吸器感染症の場合には、鼻炎・咽頭炎・扁桃炎といった気道炎の症状が出ます。
扁桃炎になると扁桃腺に白い膿がくっつきます。
白い膿以外にも喉に痛みを感じたり、発熱したりすることもあります。
また、扁桃炎や咽頭炎が悪化して、気管支炎や肺炎などの合併症を引き起こすこともあるようです。
肺炎が重症化することもあり、そういった際には入院する必要が生じることもあります。
それから死亡するケースもあるので注意が必要です。

それからアデノウイルスによる咽頭結膜熱(プール熱)は、40℃前後の高熱が出るのが大きな特徴とされています。
夏場にプールで感染することが多いことからプール熱と呼ばれるようになりました。
高熱が出る期間は人によって違いますが、4日から5日程度持続することが多いようです。
目が充血したり、扁桃腺が腫れて喉に強い痛みが生じることもあります。
学校感染症の1つとされているので、これらの症状が全て消えてから2日間は登校できないとされています。

流⾏性⾓結膜炎の場合、高熱は出ません。
目が充血し、目やにが出るのが一般的です。
喉に痛みが出ることもありますが、症状はそれほど重くはありません。
しかし、感染力が非常に強いので、感染する恐れが無くなるまで学校への登校は禁止されています。

アデノウイルスによる髄膜炎になった場合には、髄膜に炎症が起きて吐き気や頭痛といった症状が現れることが多くあります。
脳にまで炎症が及んでしまうと、意識障害やけいれんなどが起こる場合もあるようです。
そういった症状が見られる時には、すぐに医療機関を受診することが必要になります。
入院しなければならないこともあります。