体調不良を訴えている女性
OKサインをしている看護師
糖尿病で血糖値が高い人は扁桃炎のリスクも高くなる?

扁桃炎の治療に効果的なクラビット

OKサインをしている看護師

扁桃炎は、ウィルスや細菌が病原体となって舌の付け根の両サイドにある扁桃腺に炎症が生じる病気です。
症状は、風邪によるのどの痛みにとても似ていますが、悪化すると慢性化や合併症が起きる場合もありますので、早めに適切な治療を受けることが大切といわれています。
扁桃腺は、口から体内に侵入してくるウィルスや細菌から体を守る免疫の役割をしていますが、気温の急激な変化やのどの乾燥、風邪などが原因でウィルスや細菌が増殖すると炎症を起こします。
急性の扁桃炎は、38度から40度の高熱が出たり関節痛や寒気が生じます。
慢性扁桃炎まで進行してしまうとお薬による治療が難しくなり、扁桃腺切除手術が必要になる可能性もあります。

扁桃炎の治療には細菌を殺菌することができるクラビットが使用されています。
このお薬は、ニューキロンと呼ばれる抗菌薬で抗菌作用が強くいろいろな細菌に有効という特徴があります。
クロビットの一般名はレボフロキサシン水和物で広範囲経口抗菌製剤に分類されており疾患や症状に応じて用量は異なりますが、扁桃炎の場合は、成人には1回500mgを1日1回経口投与します。
腎機能が低下している方は、高い血中濃度が持続するため必要に応じて投与量を減らしたり、服用の間隔を空ける必要があります。
この薬剤は、病巣への移行に優れており飲み薬では治療が難しい感染症にも効果が期待できます。

副作用も少なくペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーがある方にも使用することが可能なお薬です。
呼吸器感染症の主要原因菌である肺炎球菌をはじめ肺炎マイコプラズマや肺炎クラミジアに対しても有効性を示します。
服用の際は、てんかんやけいれん性の病気、重症筋無力症、重い心臓病がある場合は病状の悪化に注意する必要があります。
自己判断で服用を止めてしまうと再発をしたり完治しなくなる恐れがありますので、医師から指示された期間をきちんと守って服用することが大切です。

扁桃炎の治療に使用される薬剤の特徴

クラビットは、一般名がレボフロキサシン水和物で尿路感染症をはじめとする呼吸器感染症、皮膚感染症、耳鼻科領域の感染症などに広く使われている薬剤です。
抗菌作用が強いため病原微生物が人の体に侵入して悪さをする扁桃炎に効果が期待できます。
扁桃炎は、のどに炎症が生じて痛みや高熱を伴う病気で早期に治療する必要があります。

ニューキロン系の抗菌薬であるクラビットのジェネリックには、レボクインという薬剤があり、先発薬と同じレボフロキサシンが配合されています。
尿道炎や子宮頸管炎をはじめとした40種類以上の細菌性疾患への対応が認められてる薬剤です。
このジェネリック医薬品は、通販で購入することが可能で、有効成分として500mgを1日に1回を7日間にわたって服用します。
抗菌作用を安定させるためには、できる限り毎日同じ時間に服用することが推奨されています。

このレボクインは、臨床試験において優秀な抗菌力が認められたクラビットと同じ有効成分を配合しているため、病原細菌の増殖を抑制するはたらきがあり、患部の炎症を鎮めることができます。
また、細菌の増殖に必須であるDNAの複製を阻害する特徴もあります。
レボクインの主な副作用は、下痢や悪心といった消化器系の症状が稀に起こるといわれています。
このような副作用は、腸から吸収されたレボクインの有効成分が腸内細菌のバランスに影響を及ぼすことによって発症すると考えられています。
レボクインは、通販で手軽に購入することができますが、レボフロキサシン又はオフロキサシンに過敏症がある方や妊娠中の方は使用することが禁止されており、高度の腎機能障害がある方や重篤な心疾患がある方や高齢者は服用前に医師に相談する必要があります。